Lica's Diary ~どん底からの復活劇~

30代独身女の奮闘日記

お久しぶりです、アルバイト先でいじめられたので辞めました

久々に投稿できる〜!!

理由ですが、色々ありまして。。。

夜勤のアルバイトをしていたのですが、体調が悪化してしまって休んでいたら、職場の人に圧力かけられて辞めざるを得なくなってしまいまして。。。

ちゃんと話したんですよ、「躁鬱病の可能性があるから、当面休ませてほしい」って。

責任者はわかっていたんですが、同じ仕事をしていた、いわゆる先輩アルバイトには全く伝わってなかったらしく。。。

どうやら、ズル休みをしている、と思われてしまったみたいです。

なので、現場に復帰したら、めっちゃ冷たくあしらってくる人や、訳もなく怒鳴り散らす人もいまして。。。

最初、訳が分からなくて、でも我慢していたんです。

そしたら、責任者から色々メッセージがきたんですが、どうも私が伝えた内容と齟齬があって、問いただすと、責任者が自分に非がないように情報操作をしてたみたいです。

ひどい話ですよ、全く。

なので、今月いっぱいでそこの夜勤はやめることにしました。

もう、勤めるということもしていません。辛すぎる。

これ、いじめですよね、明らかに。

ちゃんと入社する時の面接の時にも、病気だから休む時も、診断書を持って行ったんですよ。

それで、責任者は許可したのに、どうしていじめが起きる?

訳が分からんので、ちゃんと「辞めます!」と伝えてから辞めました。

未成年のいじめは報道でも結構取り上げられるけど、大人のいじめも普通にあるんだなーと感じました。

というより、大人のいじめは陰湿で、なかなか実証がつかないから、尚更タチが悪い様な気がする。

 

それで、来週、また別のアルバイトの面接を受けてきます。合格できるよう、頑張ってきます〜

元彼からの呪縛が無くなった今

元彼の束縛が非常に強く、付き合っている時は自由というものが全くなかった。

でも、今、それは無くなった。つまり、私は、自由なのだ。

だから、私が思う人生を歩んでみよう。元彼からの心無い呪いの言葉が頭にリフレインするけれど、それを振り払えるくらい、色々チャレンジしてみよう。

元彼が禁じていたこと、やたらと嫌がっていたこととして、「予定を立てて、可視化する」というのがある。今思えば、これをされると、書かれていること以外の無茶振りを言っても反論されるから、有耶無耶にするために明記をさせなかったのだろうと思う。

私は昨日、1週間の大まかな予定表(Time table)を作ってみた。思ったよりも私がしたい仕事、勉強、自由時間が取れることがわかった。

これだけだと、三日坊主になってしまうのは明白なので、自分に対してご褒美を設けることにした。

目標は5個あって、

①お金を先月よりも稼ぐ

②資格取得に向けて勉強する

③ダイエットをする

④無駄遣いをしない

⑤無理をせず、できる範囲を増やしていく

と定めた。それに対するご褒美は4パターンあって、

1 温泉旅行

2 名古屋に行く(温泉には入らない)

3 お香を買いに行く

4 COSTCOのホットドックを食べて、極楽湯に行く

を準備した。ちなみに、下に行くほどかかる費用は安い。

ここ2、3ヶ月で自分を見たときに、目標を立てるけど続かない、ということが多かった。なぜか。

 

その努力に見合った見返りが感じられないものだったから

 

一見、甘えているように見えるかもしれない。でも、10年くらい、相手の機嫌を見続け、自分のことを後回しにせざるを得ない状態が続いていたら、何をしても結果は「貶される」「下に見られる」というものだから、やる気が全然起きなかったのだ。

でも、私をしっかりと評価してほしい、私を見てほしいという気持ちはある。

じゃあ、私を1番しっかりと見れるのは誰?

答えは、「私」なのだ。

だから、「私」は私に対して目に見えるご褒美を用意した。

するとどうだ。

今日、予定通りに動けた。

まだ1日しか経っていないけど、これまでは翌日に持ち越していたから、大きな進歩と言える。これは私にとって大きな一歩だ。

ちなみに、メンタルの浮き沈みはやはりあるので、予定通りにできない日が出てくるだろう。そういう時のために、仕事の入っていない休日は敢えて予定を入れていない。「遊ぶ」という項目も入れていない。こうすることで、平日でできなかった自分で決めた予定を振替することで、心の罪悪感を打ち消し、いい流れで次に行くことができる、というシステムにした。だから、やるべきことがなかったら、それこそ、普段しない家事(大掛かりな掃除とか)をやったり、車で遊びに行ったりできるのだ。本当のfree timeを作っておいた。

メンタルの治療は始まって間がないし、環境の大きな変化に体が追いつくのももうちょっとかかるかもしれない。だけど、今後のことを考えて、自分なりに歩いてみよう。今は元彼のDVのせいで人間不信なところがあるかもしれないけど、徐々にその呪縛を解いて、頑張っていきたいと思っている。

海老名SA(下り)で名物を買いました

先日、所用で関東に車で行くことがありまして。

その時に海老名SAで車中泊をして、朝ご飯を買いにSAの中へ。

すると。美味しそうな匂いがするではありませんか!

メロンタルト

メロンパン

メロンパン2

さまざまなメロンパンがありましたが、タルト1つとメロンパン2つを買いました。メロンパンの方はカスタードクリーム入りのと、バターとシュガーがたっぷりのを選びました。

実は、海老名SAのメロンパンでNo.1なのはこれらではなく、メロン果汁入りのメロンパンがNo.1です。これが1番多くお店に並べられていました。

じゃあ、どうして私はそれを選ばなかったのかって?

・・・

・・・・

実は、メロン果汁入りのメロンパン、あまり好きじゃないんです😥

風味もそうなんだけど、中学の時にハマっていた、ライトノベル灼眼のシャナ』の主人公であるシャナの好物はメロンパンだけどメロン果汁入りのメロンパンはメロンパンとは認めない、という設定に強く共鳴し、今に至る、というのがありまして。。。💦

ただ、形状がパンではなく、タルトだったら「お菓子」の分類になるため、普通に手が出てしまいました。とても美味しかったです☺️

他にも色々なメロンパンがあったのですが、いかんせん、1つ250円くらいするので、次回のお楽しみということで3つに留めておきました。

 

本当は、お盆を外した夏休みをとる予定ですが、コロナ第7波のせいでなかなか旅に出ようにも行き先が決めれないので、今のところ旅の予定は未定です。車で一人旅なので、感染の心配はあまりありませんが、やはり人がたくさんいるところは感染率が高いので避けたいところですね。あと、とても暑いので、熱中症にも気をつけたいところです。皆様、ご自愛くださいませ(^_^)

気持ちを落ち着かせる方法

この前、心療内科へ診療に行きました。

色々お話したのですが、「嫌なことのフラッシュバックがどうすればいいか」「行動したいという気持ちはあるけれど、過剰に気を遣いすぎて疲れてしまい、なかなか物事が進まない」の2点についてアドバイスをもらいました。私の場合の対処法になりますので効果は個人差がありますが、情報をシェアできればと思います。

 

①嫌なことのフラッシュバックがどうすればいいか

結論から言うと、「嫌なことのフラッシュバックを起こさない」と言うのは無理です。それを抑える薬は存在しません。

その代わり、「嫌なことのフラッシュバックのせいで手が震えたり動悸がしたり、胸がギュッと締め付けられるような痛みが出る」場合に対処できる薬は存在します。この薬は医師の処方が必要なので、薬局で買えるものではありません。ただ、医師の処方による強い薬であると言うこともあり、効き目は抜群です。

フラッシュバックした時に、薬に頼るまでもない状態だけど嫌な気持ちが軽く続く場合、リラックスできる方法を行うのが効果的です。私の場合、

ハーブティーなどの私が好きな飲み物をゆっくり飲む

・アロマやお香などの香りをかいで気持ちを落ち着かせる

の2つの方法が効果がありました。(最近はお香を焚くのがマイブームになってます)

他にも、軽い運動をしたり、料理をしたり、ドライブをしたり、自分の趣味に没頭する時間を作ったり、、、など、フラッシュバックをする回数を減らすように工夫するのもアリです。フラッシュバックするタイミングは人によって様々なのですが、自分自身と向き合って、「フラッシュバックしやすい傾向」を掴むといいです。ちなみに、私の場合、予定が入っていない状態で、気持ちが落ち込んでしまうとフラッシュバックしやすいです。なので、小さなことでも予定表に書き込んで、あまり嫌なことを考える暇を与えないようにしております。誤解のないように補足ですが、夜は逆にリラックスするようにし、翌日起床した時にストレスになるような状態にならないようにデトックスするようにしてます。

自分自身のコントロールが非常にややこしく、セルフコントロールがなかなかめんどくさいです。ただ、自分を大切に、自分に対して愛情を向けるということを今まで蔑ろにしていたのも事実でして、そのため、体がSOSを出している状態だから、徐々に自分を労わるように意識しています。

自分を労わるって、意外と難しいです。ただ、ちょっとでも生きる活力、明日に向かってどのようなことをしようかと計画を練ろうとする、を少しでも実行できる日が多くなってきました。一朝一夕とはいきませんが、ふと振り返った時に、過去の自分ができなかったことをできるように、幸福感が過去の自分よりも多くなっていると実感できると、自分を労われている、と思ってもいいかもしれません。何が正しくて、何が間違っているかわかりませんが、周りに流されず、自分でしっかりと考えて行動した結果に関しては、今の所うまくいっているようなきがしてます。

 

②行動したいという気持ちはあるけれど、過剰に気を遣いすぎて疲れてしまい、なかなか物事が進まない

結論から言うと、「無理をしない」です。一気にやりたいことをしようとすると、自分のキャパシティを超えた行動をしてしまいがちです。これ、心身ともに無理をかけてしまってます。特に、気持ちの浮き沈みの激しい私の場合、これの影響が顕著に出てしまい、無理をし過ぎるとその翌日はほぼ気持ちが沈んでしまいます。①の内容と関係してきますが、そうならないように、あらかじめ計画を立てて、準備をしっかりとしておくとキャパオーバーになりにくいです。また、突拍子もなく依頼が入ることがありますが、無理な内容は「無理です」と断ったり、「翌日ではなく翌々日の納期だったらお受けできます」というように、譲歩できる部分とできない部分を相手に伝え、交渉するようにしました。その結果、予想外のことが起こることが少なくなり、安心して物事を遂行することができ、イライラが減りました。感情の浮き沈みが激しいので、そのきっかけを増やさないようにする、という方法を見つけれました。

現在、私はフルタイムで仕事を行なっているわけではないのでこのように過度な譲歩をしなくても失うものが少ないのでいいのですが、一般の会社勤めの方などは、そうはいかないというのも重々承知しております。しかし、自分の置かれた状況に対して最善の策を見つけることができるのは、実は自分自身です。私の場合、元彼の元で働いていた時、洗脳されていたかの如く、自分の意志を持たずに操り人形化していたから「元彼の言うことが全て」「会社の借金を減らすため、自分がなんとかしなくては」と自己犠牲を厭わなかったです。その結果、私の心身は気づいた時にはボロボロになっておりました。

人のため、会社のためと他者に対して動くのも大切ですが、もし、この文を読んでくださっている方で「今の状況が辛い」「毎日が楽しくない」と少しでも思っている方がいらっしゃったら、一度、立ち止まってみてください。

有休を1週間ほどとって、心身のリフレッシュをやってみてください。

もし必要と思いましたら、心療内科を受診してみてください。

自分を一番大切にできるのは、自分自身です。自分のできる範囲内で確実にタスクができたら、それは自分自身に対して褒めてあげましょ。気づいた時、自分に対して褒めてあげると、くすぐったいけど自信がちょっと出てきます。

他人に完全に依存したら、その人に裏切られた時、自分自身がとても傷付きます。自分を守るためにも、交渉ができるなら自分をあまり下にしないようにしながら交渉しましょう。もしそれが無理な環境だったら、それ以上自分の幸せをそこで築くことはできないから、新しい環境に転身するのもいいかもしれません。

時間は有限です。それなら、楽しいと感じる時間が多い方がいいに決まってます。日本は幸いにも福祉がそこそこ充実しているから、そう簡単に野垂れ死ぬことはないので、今の環境がなかなかしっくりこないなら、変わることを視野に入れるのもありだと思います。

 

、、、と、色々と書きましたが、私もこれからが勝負なので、心身の健康を取り戻しつつ、自分と向き合い、自分のいいところを見つけながら有意義な人生を歩んでいきたいです。

 

(なかなか気持ちの浮き沈みのコントロールが難しいのには今も手こずっているけど)

言葉の暴力に苦しめられています

元彼と別れてから早4ヶ月。自力で生活を行うのにも慣れてきて、自分を見つめ直す、自分を大切にするというのに重点を置きながら、自分へのケアを行なっている毎日です。

ここ1、2週間ほど、ぐっすり眠れない日が続いていて、疲れが取れないのでイライラが募り、過食にはしっているのが自分でもわかる状態になってます。

ではどうしてぐっすり眠れないのか。おそらく、さまざまな要因がありますが、その中でもかなり占めているのは、元彼からの物理的な暴力、言葉の暴力によるストレスだと思います。元彼と付き合っていた頃、何回か物理的な暴力に見舞われています。ケータイを壊されたり、ハサミで顔を傷つけられたり、眼鏡をへし折られたり。。。こんなことをされたら普通逃げると思いますが、その後、「ごめん」と謝られるので、つい許してしまい、そのまま継続してしまう、という状態でした。言葉の暴力に関しては、見た目の悪口、個性の否定、私の家族の存在の否定、私の趣味の否定、私の能力の否定など、これまた内容的にひどいものでした。今回、私を苦しめているのはその数々の暴力の中でも言葉の暴力でして、何かをチャレンジするたびに元彼の声が頭の中で再現されるのです。

例えば、私は今まで交通事故に3回遭っているのですが、車を運転するたびに、元彼からの、

「あんた、車の運転でいつの日か人を殺すよ」

「あんた、自分から交通事故を引き起こそうとしているよね、最低だな」

といった言葉やその時の表情がフラッシュバックしてくるのです。呼吸をするのを忘れるくらい、辛くなります。

 

このことを母に相談したら、自分の好きなことをやってみたら、というのを言われるのですが、この数年、私の好きなことを否定される日が続いていたため、何か行動を起こすたびに、その行動を否定する元彼の言葉が呪いのように湧き上がってくるのです。もう、どうすることもできない状態で、気分がなかなか上がらないのが現状です。また、睡眠を十分に取れていないため、日中も寝ていることが多く、悪循環になっているような気がします。元彼からの呪縛はなかなか取れなさそうです。まぁ、人生の3分の1を元彼と過ごしていたので、それをたった4ヶ月で解消するというのも無理だとは思います。そこは重々承知しているのですが、やはり辛い状況が続くのはいやです。しかも、その原因は私自身ではないというのが尚更イライラの拍車をかけています。。。

 

幸いなことに、今週、心療内科の受診があるので、その時に相談しようと思います。どういう対応をしたらいいか、しっかりアドバイスをもらってきます。

2022.06 紀伊半島一人旅(伊勢編)

和歌山県那智勝浦町を後にして、伊勢神宮へと車で行きました。

「日曜日だけど、正午だったらちょうどお昼ご飯の時間帯だから、駐車場も近いところにあるやろ〜('▽' )」

と思っていたのですが、考えが甘かったですorz

伊勢神宮(内宮)に参拝するのに一番利便性の高い駐車場が満車状態で、その周辺も同じく満車!伊勢神宮まで歩いて大体15分ほど離れた駐車場に案内されましたが、入車するのに30分ほど待つ、という大渋滞が起こっていました。

 

なんやかんやで駐車場に車を置いて、伊勢神宮へ!

その道中、おかげ横丁という商店街がありました。

おかげ横丁入口

ここを歩いていくと、神宮の入口が見えてきます。

伊勢神宮入口

伊勢神宮案内板

中は大変広いのと、手入れが隅々まで行き届いている状態でした。砂利道を歩くことになりますので、靴は履き慣れたのがいいかと思います。写真撮影は一部のエリアではNGなのですが、結構写真撮影がOKのところが多かったです。ただ、この日、とても暑くって参拝するだけでバテてしまったので、写真を撮るのを忘れてしまいましたorz

とても神聖な空気の中で参拝ができたので、身も心も引き締まる思いでした。これから頑張っていきたいと思います!

うつ病のもやもやの原因(私の場合)

うつと戦っている私ですが、日常生活に支障が出るくらい気持ちが落ち込む日があります。その時、私の場合ですが、たいていモヤモヤとした、すっきりとしない気持ちが伴います。

つい先日までは比較的それがなかったのですが、昨日暗い気持ちにさせた出来事がありまして。

この連休中、一人旅をしていたのですが、とても有意義な気持ちで帰路についていたところ、前の職場で私が担当していたクライアントの方から連絡がありまして。前の職場は元彼が現在仕切っているのですが、内容が、元彼がきっちりとその方へ対応をしていなかったので私にSOSしてきた、というものでした。もう私は関係ないので当たり障りのない状態で断ったのですが、

「お仕事、辞められたのですか?」

「もう復帰はしないのでしょうか?」

という言葉をその方がおっしゃっていまして。私は仕事では完璧主義なところがあったため、このような言葉をもらうと、どうにかして解決しなければならないと実力以上に頑張る傾向がありました。また、その方というのがもともと私が担当していて、非常に懇意にしてくれていたというのもありまして。非常に思い入れのある方だったのです。どうにかしてあげたいという気持ちは今までの経緯である反面、どうすることもできないという現実が出てきてしまい、申し訳なさがいっぱい出てきてしまったのです。そこから、この申し訳なさから段々と、自分が招いた不幸であると思ってしまい、負のスパイラルが生まれてしまいました。このスパイラルが生まれてしまうと厄介で、時間の経過で記憶が朧げになるのを待つか、その出来事を消すような新たな出来事が起こらないとずっと頭の中でグルグルと居座ってしまいます。また、ずっと体が緊張状態だから、体の疲れが取れず、翌日行動ができないのです。

つまり、私の場合、生活に支障が出るくらいの鬱状態になってしまう原因は、

自分が原因ではないのに尻拭いを私がしなければならないという理不尽な状況に出会した時

という、いつ起こるか分からないハプニングによるものが、1つの原因であることが、今回の件で分かりました。

ちなみに、昨日はその後、イライラのせいで夜ご飯をドカ食いしてしまい、胃が荒れてしまいましたorz

 

あと、今日もあったのですが、元彼と別のクライアントさんとでお話がついた内容を私に連絡していなかったので、そのクライアントさんが急に私の今の職場にきてしまう、という出来事もありました。前の職場の内容を、全然関係ない今の職場まで持ってくるなんて、非常識にも程があります。その場はなんとか切り抜けましたが、対応後、元彼に電話しましたが、謝罪はありゃしない。もう、マジで意味が分からない。怒り、苦しみ、罪悪感、、、色んな負の感情が湧き起こり、でもそれを解消する術がない。だから頭の中でぐるぐると考えてしまう。。。

まぁ、いっか、と割り切れたらいいのですが、その割り切るのがなかなかできないのが今の私。正直、自分に責任がある場合はこういう気持ちにはならないんですが、元彼と付き合っている期間中、彼がしでかしたミスの尻拭いをやってきていたので、、、

お医者さんの見立てですが、私のうつ病の原因の1つに元彼の存在というのがあるみたいです。実際、それはあるかもしれません。元彼と電話をしなければならない、という状況になると、冷や汗が出てきます。そして、用件が終わったらドッと疲れが出てきます。なんであんな人を好きになってしまったのだろう、としみじみ思います。(あんまり思いすぎたらまた精神的に辛くなるので、できるだけ考えないようにしています。まあ、考えないというふうに思うことも実は考えることに入ってしまうので、別のことを手がけるのがよりベターなのですが)

元彼とはできるだけ連絡を取らないようにしています。もう、私の生活に彼の手助けは入っていないし、私を拘束する権限は彼にはありません。本当に関わらないでほしい。

ただ、この傷ついた状態で新たな行動を起こすのはリスキーなので、この1、2ヶ月は療養に重きを置こうと思います。仕事をしない、休むことを学ぶ期間です。だって、元彼と過ごしていた時は、寝ている時間以外は何かしらの仕事をさせられていたので、休むということが睡眠のみだったのです。睡眠だけでは本当の休養にはなりません。心の休養も含めた、休日を過ごすということをやって初めて休むということだと、この2、3ヶ月の間で学びました。

元彼と付き合ってから10年以上経っており、そして破局しました。その歳月は取り返しできませんが、これからの過ごし方によって、その価値観も変わってくると思います。ぼちぼちと、頑張っていきたいと思います。